あなたのゆがみをお調べします

頭痛・肩こり・めまい・むち打ち症・手のしびれ・五十肩・首・肩・背中の痛み上半身全ての病気

仰向けにて軽く両手を上げてみる。左右の手の長さが揃わない。

  • 正常
  • ケース1 ケース2首の動きが右に比べ左の方が動きにくい。

下向きになり両手は頭上にハの字置く。頭を左右に動かすと同じように動かない

  • 正常
  • ケース1 ケース2首の動きが右に比べ左の方が動きにくい。首の動きが左に比べ右の方が動きにくい。

▲ページの先頭に戻る

不妊症、腰痛、膝に水が溜まる、足のしびれ、坐骨神経

正座をした時、足を後ろで組んで座る。浅く組むのは軽症、深く組むのは重症。
なお、正座の出来ない人(あひるずわり、横すわり等)は論外。

  • 正常
  • ケース1 ケース2 ケース3 ケース4あひるずわり左横すわり右横すわり指が重なって座っている

▲ページの先頭に戻る

不妊症、便秘、生理痛、生理不順、下半身全ての病気

股関節の開閉検査あお向けになり、写真のように膝の上に反対の足首を軽く乗せ、静かに外転させる。
その時の左右の高さに関係なく不揃いであれば全て病気である。

  • 正常左右の高さが同じなので正常。
  • ケース1 ケース2左右の膝の高さが違うので異常。左右の膝の高さが違うので異常。

膝の屈曲検査下向きになり両膝を軽く曲げる。写真の様に色んな形になる例を挙げたが、
それ以外の形も全て病気である。

  • 正常伏臥位正常
  • ケース1 ケース2 ケース3 ケース4 ケース5

▲ページの先頭に戻る

Check 両手の長さをチェックしてみよう

両手の力を抜いて、手を前から軽く挙げてみてください。よくわからなければ、手のひらを内側に向けて軽く挙げてみてください。
左右の腕どちらかが硬くて短いようならば、上半身にゆがみが大きくて・肩・首・頭・背中等に問題があるでしょう。
頭痛・肩こり・めまい・眼の疲れ・四十肩・五十肩・しびれ・腰痛・便秘・下痢に影響を与えます。

▲ページの先頭に戻る

Check あぐらをして足の高さをチェックしてみてください

膝の高さ、股関節の固さが左右違う場合は、腰から足にかけてゆがんでいて、身体がねじれている証拠です。
腰痛・しびれ・冷え性・疲労等があるかもしれません。

▲ページの先頭に戻る

Check 肩が下がっていないかチェックしてみてください

両肩の高さに違いがある場合、その上にのる首や頭のバランスまでもくずれています。
頭痛・肩こり・腕や手の痛みとしびれ・四十肩・五十肩等の異常を起こしやすい。

▲ページの先頭に戻る

Check イスに座って足の組みやすい側をチェックしてみてください

組みやすい側と、組みにくい側との差が大きい程、膝や股関節、骨盤から背骨・腰・内蔵にいたるまで調子が悪いことを現しています。
腰・骨盤・股関節・膝関節等の痛みなどなりやすくなる。

▲ページの先頭に戻る

あなたの身体のお悩み、私たちにご相談ください。姿勢の医学 身体バランス法 かわの療院 お電話でのお問合せ 9~12時/14~18時・日祝休 052-852-8849 パソコンからのお問合わせ 24時間受付 info@kawano-s.com